So-net無料ブログ作成

レポート其の3~毛色による基本性格特性について~ [道の猫]

どうぞ.jpg
さて、いい加減に本題行きましょうね。

・・・・どうぞ

猫の毛色は大きく分けて
1単色 2複色(2色) 3多色(3色以上)に分類されます。
正直分類が難しくて、複色に分けてるけどよく見たら多色な事もありますが
分類決定権は私にありますのであしからず。

少佐は黒と白の複色に分類されます。
細かく言うと、黒地に白の複色縞ありです。
更に細かく言うと、黒地60%に白38%と縞1.6%に少しちゃ

もういいよ.jpg
細かいっ!もういいよ!で、それが性格とどう関係するの?

毛色の組み合わせと模様で、基本的な性格が決まるって事なんですよ。

Reorioざっくり過ぎ、わかるように簡潔に説明して

まずは、単色の猫を基本体として説明していく事にしましょう。
黒単色の猫は好奇心旺盛ですが慎重であまりベタベタしない方が多いです。
決して冷たい訳ではなく一定の距離感を保つ感じ、体格はスリムです。

次に、白単色の猫はかなり大人しく、警戒心も強い
オッドアイの方は更に警戒心が強くてベタベタなんてどころか
触れもしない方が殆ど、体格は小さめから普通。

茶色単色の猫は活発でケンカも強い暴れん坊
焼きもちやきで自己主張が強く骨太で体格のしっかりした方多いです。

灰色単色の猫は、黒と白の性格を持っているので、のんびり屋でマイペースな方が多いです
ケンカはほとんどせず単独で生活されている姿を見かけます。
体格はふんわりというか、スリムでもなく骨太でもなく普通でもなくな方が多いです
正直、自由猫に灰色の方は少ない・・・
おそらく、上記の性格がテリトリー争いに勝てない原因になっているのではないかと思います。
その他の単色の猫も調べたいのですが、猫ストリートにも周辺にもいらっしゃいませんので
データが取れていません、ごめんなさい。

次に複色の猫の説明に行きます、ますは茶色と白色のちゃしろね

トイレ行きたい.jpg
Reorioちょっと待って、思ったよりも真面目に話し始めたから言い出せなかったんだけど
ちょっとトイレに行きたい、帰って来るまでちょっと待っててくれない!!

はい、お待ちしておりますから行って来てください。
ちゃんと、手洗って来てくださいね。

nice!(80)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。